【FFTCG 名人戦】開幕!第3期名人戦に参加しよう!

2019名人戦 FFTCG

毎年11月になると、各地区決まった日時に『名人戦』という大規模なイベントがスクエア・エニックス主催で行われておりまして、今年も名人戦の情報が公開されましたね。

2019年11月17日(日)に関東地区予選、今期の第一回戦が横浜市で幕を開けます。
FINAL FANTASY Trading Cardgame 名人戦 | ファイナルファンタジー・トレーディングカードゲーム(FF-TCG)
ファイナルファンタジー・トレーディングカードゲーム(FFTCG)は、さまざまなファイナルファンタジーシリーズのキャラクターや召喚獣を使い2人で対戦するカードゲームです。

他の開催地はこちらから確認できます。(公式サイト)

名人戦とは何のイベントなのか?

最終的に2月22日(土)・23日(日)で開催される「名人位決定戦」の参加資格を得るためのイベントです。参加資格を得るために予選地区戦で3回〜7回戦で好成績を残す必要があります。参加人数によって対戦回数も異なり何位以内入ればいいのか、大体の目安が公表されています。

スイスドロー式なのでトーナメントのように1回負けたらそれで終わりということではなく、違う相手と何回も対戦することができるのです。

出典:SQUARE ENIX

名人戦に参加するには?

このイベントは事前登録が必要なく、当日に開場へ行きデッキを登録するだけで参加が可能です。
プレリリースで貰える最新のOpus Xもデッキに組んでいいので、プレリリース後デッキを調整して名人戦に挑めばFFTCGをより楽しめますね!

完全初心者向けのサブイベントも開催!

「行ってみたいけどデッキなんて持ってない」
「興味はあるけどデッキを作るまでではない」
そんな初心者さん達向けのイベントが名人戦と同時進行で開催されています。

体験会

文字どおりデッキはおろかカードすら触ったことがない人に、スクエア・エニックスのスタッフさんがカードの種類からゲームの流れを教えてくれます。そして実際にデッキを使って模擬対戦もしてくれるのです!
さらに模擬対戦で使うチュートリアルデッキは無料で貰えます。
starter-deck
出典:SQUARE ENIX
FFTCG初心者だけではなくカードゲーム初心者にも始められやすいイベントになっているので、分からないことはバンバン聞いていきましょう!

4人構築ミニトーナメント

4人集まって行うトーナメントです。ルールは構築デッキを使用して行なうもので、店舗大会の少人数制のようなものです。

ブースタードラフト

4人1組で行なう「ドラフト戦」になります。
ドラフト戦は、自分の構築したデッキを使うのではないリミテッドという遊びです。
4人にそれぞれ5パックのが配られます。2019年11月17日時で行われるドラフト戦にはOpus Xが使用されます。
4人それぞれが、開けたパックの中から1枚選び残りを時計回りで回していきます。
左の人に残りを渡し、右の人から受け取ったカードの中からまた1枚選ぶ、そしてまた左のひとに残りを渡す。
1パック12枚入なので、1人で回すため1パック目のカードが全て配り終わったら手元に12枚あるはずです。
そして2パック目は逆時計回りで回していきます。20パック全て開ければ60枚手元にきますが、デッキとして組めるのは40枚以上です。40〜42枚前後まで絞って組んだ方がデッキのコンセプトも絞られるのでオススメですよ!

シールド

いわゆるプレリリースと同じルールで行われるリミテッドで、配られるパックがプレリリースでは10パックですが、シールドでは9パックで遊びます。

9パックをその場で開封して好きなようにデッキを組むやり方です。
プレリリースとほぼ同じルールですので、ルールがわからない方はこちらもご覧ください。

https://fftcg-osekihan.com/blog/fftcg-prerelease-rule/

スイスドロー式トーナメント以外にもサブイベントが盛り沢山なため、大会に参加しなくてもイベントが楽しめます!
1人じゃなくても友人を誘ってどんなカードゲームなのか見に来るだけでもいいかもしれませんね!

出典:SQUARE ENIX

今回の2019年11月17日(日)に開催する名人戦に参加すると、なんとオリジナルデッキケースが参加賞としてもらえます。

FF7(ファイナルファンタジーVII)のアドベントチルドレンでクラウドの左肩の装飾が刻まれていてとてもかっこいいデザインになってます!これは欲しい……!

名人位決定戦の日が近くなったらまた記事を上げていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました